内部対策

gooにSEO上強いサイトタイトルの付け方

推定購読時間3分

今日はモバイルgoo対策として、『SEO上強いサイトタイトルの付け方』と言うことでお伝えします。

まず最近のモバイルgooの傾向として、以前にもまして、検索結果がGoogleモバイルと似てきました。

これは、gooのデータベースが整ってきた事により、インデックスされたサイトが増えてきた結果として、新たにインデックスされた無料HPスペースなどからの被リンクが有効化し、メインサイトの並びがGoogleに近くなったと考えています。

基本的に、Googleもgooも同じアルゴリズムを使っていると言われていますので、インデックスされているサイト数が近くなれば、検索結果も近くなるのは当然かもしれません。

しかし、キーワードの解析方法は若干違うようですね。

Googleでは、『自動車保険見積もり』と検索しても『自動車保険 見積もり』と検索しても『自動車 保険 見積もり』と検索してもおよそ同じ検索結果になります。

しかし、gooでは、それらは全く異なった検索結果になりますね。

つまり、「サイトタイトル=検索クリエ」とする必要があると言う事です。

例を挙げますね。

『エステナードソニック注文』というキーワードで上位表示したいとしましょう。

この時、Google対策なのであれば、サイトタイトルは『エステナードソニックの注文サイト』でも『エステナードソニック注文はこちら』でも『エステナードソニック★いますぐこちらで注文』でも、良いんですね。

もちろん、アンカーテキストには、『エステナードソニック注文』として、リンクを貼る必要はあります。

一方で、goo対策をするのであれば、『エステナードソニック注文』というキーワードで効率的に上位表示したいのであれば、サイトタイトルは『エステナードソニック注文』であるべきなんです。

もしくは『エステナードソニック注文はこちら』などですね。「エステナードソニック」と「注文」の間に余計な単語を入れてはいけません。

ということで、僕が考えるやり方としては、まずは、goo対策を意識して、キーワードそのまんまをサイトタイトルにすることです。

しかし、そのままでは、少しタイトルが色あせ、場合によったら上位表示したのに稼げないという悲しい事態になってしまうかもしれませんので、単語の後には、少し補足しましょうね。

上記の『エステナードソニック注文』を例にとると、『エステナードソニック注文☆おすすめアイテム!』とかですね。

あとは、metaのdescriptionを今まで以上に魅力的に書くという事も大切ですね。サイトタイトルがSEOチックなので、ユーザーがクリックするようにdescriptionでカバーするんです。

余談ですが、gooモバイルは、まだmeta descriptionをしっかりと読み取ってくれていませんが(苦笑)

ということで、本日は、gooモバイル対策を考えた時のサイトタイトルの付け方ということでお伝えしました。

なにかの気付きがあれば、幸いです。

では、また次回の更新まで。ごきげんようです。

タグ

September 21, 2010||トラックバック (0)

カテゴリー:内部対策

gooモバイル攻略にはサブドメインが有効だ

本日はモバイルgooの最近(2010年7月)の傾向をお伝えしてみたいと思います。

まず上位表示しているサイトの特徴として、ひと昔、もしかしたら、ふた昔くらい前の検索精度を思わせるポイントがあります。

例えば、目に付くサイトとしては、サブドメインを切りまくって、50個近くの同一ドメインサイトにて相互リンクしている特徴があります。それらは全てミラーサイトで背景色とタイトルが少し違う程度にも係わらず、それら50個のサイトがキレイに上位表示している。

それも、そこそこビックなキーワードです。あんな検索結果では、ユーザーが逃げてしまうんじゃないかな、と老婆心ながらdocomoに対して心配しているこの頃です。

他にも、ドメインにキーワードを入れているサイトも多く見かけますね。これはたまたまなのか、それとも、そーいったアルゴリズムが組み込まれているのかは、定かではありません。

しかし現実として、例えば『アテニア』なら『attenir』などといったキーワードがドメインに入っているサイトが多く上位表示されていますので、対応できる範囲でSEO施策としてやってみるのもアリでしょう。

ただ、一部の広告では、ドメインに公式サイトと思わせるような名前を付ける事を禁止していますので、その辺りは自己責任でチェックしておいてください。例えば、「レイク」とか「プロアクティブ」なんかは禁止していますね。

まだまだモバイルgooはアルゴリズムの変動がちょこちょこありますので、これからどうなるか分かりません。

しかし、今のところでは、他の検索エンジンが重要視しているが、モバイルgooではあまり重きを置いていないと思われるポイントもありますのであわせて紹介しておきます。

例えば、被リンクについては、yahooはとにかく数を重視し、googleはどちらかというと質を重視しつつも数も見ている、といった感じで『被リンク』はあきらかにアルゴリズムに組み込まれています。

しかしgooにおいては、よく分からないですね。あるキーワードでは数が重視されている雰囲気があったり、またあるキーワードでは、質が重視されている印象があったり、またあるキーワードでは、ほとんど被リンクが重視されていなかったりと、意味不明です。

また、同一ドメインでのページ数に関しても、あまり重視されていないようです。この傾向は、どちらかというとyahooモバイルに近い印象で、ペラページでも、なんらかの要件をみたせば上位表示するようです。

あとは、よく賛否両論のあるクロスレコメンドモバイルですが、正直こちらも良く分かりません。

僕のエゴだけを言うと『クロスレコメンドモバイルに登録すると、上位表示しやすくなります。ぜひこちらからディレクトリ登録しましょう!』なんて言いたいですが、そこまでの明確な有意差を感じていないので、強くお勧めできないのが現状です。えぇ残念ながら。

ということで、モバイルgoo対策は、まだ明確なやり方は見つけ切れていないんですが、やるとしたら、サブドメインを切りまくって、スパムっぽくミラーサイトを相互リンクしていれば上がると思われます。

ただ、いずれはスパムになる可能性がありますし、少なくとも、この方法ではgoogleでは上位表示しませんので、悩みどころです。

僕個人の方針としては、goo対策はせずに、引き続き訪問者目線にたった、必要以上にSEOを意識しないサイト作成をしていこうと思っています。

では、今日は『モバイルgooの特徴』ということで携帯アフィリエイトのSEOノウハウを紹介しました。

毎日暑い日が続いていますので、熱中症には注意して、頑張っていきましょう♪

タグ

July 22, 2010||トラックバック (0)

カテゴリー:内部対策, 外部対策

更新してページを追加してSEO対策

さてさて、本当に久しぶりの更新になりました。

携帯アフィリエイトの基礎講座を隅々までご覧になっている方には、管理人の事情が分かっていると思いますが、

人・モノ・金のグローバル化に合わせて、別の会社の事業で、欧州に、北米にとわりと忙しく出張しており、なかなか携帯アフィリエイトに時間が割けていません。それでも、僕の運営している携帯アフィリエイトを専門とする会社の方は、今日もかなりの収益を上げてくれています。

何が言いたいかというと、「時間的には片手間とも言える作業でも、正しいノウハウをもとに、ユーザーに役立つサイトを確実に作っていけば、サラリーマンの給料の何倍もを稼ぐことが出来る」って事です。

こんなビジネスは、一般のサラリーマンや主婦の方には、そうそう無いですよね。

ですので、せっかく興味をもったアフィリエイト、がんばって下さいね。

では、携帯アフィリエイト基礎講座のマインド編かと思われる前書きではじまった公開SEOですが、本題に行きます。

こちらで進めている「パチンコアプリ」のサイトですが、既にGoogleモバイルの検索では、5位になっていますね。

こんなに簡単に上位表示してしまうと、上位表示までの長く険しい道のりを逐次公開していくっていうこの公開実験の肝がなくなっちゃいそうです。

ですが、引き続きGoogle検索1位を目指してやっていきます。

では、今回やったことをおさらいします。

まずサイトのページを2ページ追加しました。更に、サテライトブログを5つ作成し、被リンクを10個当てました。

数ヶ月前には、サイト更新をするとかえって安定していた順位がふらついて、更新した事だけが理由でないにせよ、場合によっては順位が低下することもありました。

しかし、最近では、Googleモバイルでは、中身のあるサイト更新は確実にSEO対策上プラスになっています。

もちろん、毎日更新すれば、それはそれで良いのでしょうが、みなさんも他にも多くの携帯サイトを保有しており、それも現実的ではないと思います。

ですので、「パチンコアプリ」クラスの少し簡単めのキーワードでしたら、月に1回の更新を目指せば、更新頻度という面においては充分だと思います。

ただ、本当にアクセスが増えてサイトのリピーターを増やす戦略なら、それこそ毎日目標に、もっと更新頻度を高めれば、良いかと思います。

そして、もうひとつのSEO対策上の重要な要素である被リンクですが、これも細かなノウハウがあります。

詳しくは、次回以降に紹介しますが、やみくもにやれば良い訳ではありません。

では、こちらですが、もう一度、今週末程度に更新をして被リンクをつける予定です。

この更新の間隔もポイントで、Googleロボットが来る前に何度更新しても、一回の更新と見なされると思いますので、少し時間を置いて、何度も更新している事をアピールするためです。

そして被リンク付け作業を2度に分けるのは、当然ですがより自然に見せるためです。

今回、無料ブログからの被リンクでしたので、次回はブックマークか中小の検索エンジン登録など、少し違う種類の被リンクを稼ごうと考えています。

次回のこちらの公開実験の更新時には、何位になっているでしょうか。楽しみですね。

タグ

March 11, 2010||トラックバック (0)

カテゴリー:内部対策, 外部対策