携帯SEO対策の最新実験室

最新情報

gooにSEO上強いサイトタイトルの付け方

推定購読時間3分

今日はモバイルgoo対策として、『SEO上強いサイトタイトルの付け方』と言うことでお伝えします。

まず最近のモバイルgooの傾向として、以前にもまして、検索結果がGoogleモバイルと似てきました。

これは、gooのデータベースが整ってきた事により、インデックスされたサイトが増えてきた結果として、新たにインデックスされた無料HPスペースなどからの被リンクが有効化し、メインサイトの並びがGoogleに近くなったと考えています。

基本的に、Googleもgooも同じアルゴリズムを使っていると言われていますので、インデックスされているサイト数が近くなれば、検索結果も近くなるのは当然かもしれません。

しかし、キーワードの解析方法は若干違うようですね。

Googleでは、『自動車保険見積もり』と検索しても『自動車保険 見積もり』と検索しても『自動車 保険 見積もり』と検索してもおよそ同じ検索結果になります。

しかし、gooでは、それらは全く異なった検索結果になりますね。

つまり、「サイトタイトル=検索クリエ」とする必要があると言う事です。

例を挙げますね。

『エステナードソニック注文』というキーワードで上位表示したいとしましょう。

この時、Google対策なのであれば、サイトタイトルは『エステナードソニックの注文サイト』でも『エステナードソニック注文はこちら』でも『エステナードソニック★いますぐこちらで注文』でも、良いんですね。

もちろん、アンカーテキストには、『エステナードソニック注文』として、リンクを貼る必要はあります。

一方で、goo対策をするのであれば、『エステナードソニック注文』というキーワードで効率的に上位表示したいのであれば、サイトタイトルは『エステナードソニック注文』であるべきなんです。

もしくは『エステナードソニック注文はこちら』などですね。「エステナードソニック」と「注文」の間に余計な単語を入れてはいけません。

ということで、僕が考えるやり方としては、まずは、goo対策を意識して、キーワードそのまんまをサイトタイトルにすることです。

しかし、そのままでは、少しタイトルが色あせ、場合によったら上位表示したのに稼げないという悲しい事態になってしまうかもしれませんので、単語の後には、少し補足しましょうね。

上記の『エステナードソニック注文』を例にとると、『エステナードソニック注文☆おすすめアイテム!』とかですね。

あとは、metaのdescriptionを今まで以上に魅力的に書くという事も大切ですね。サイトタイトルがSEOチックなので、ユーザーがクリックするようにdescriptionでカバーするんです。

余談ですが、gooモバイルは、まだmeta descriptionをしっかりと読み取ってくれていませんが(苦笑)

ということで、本日は、gooモバイル対策を考えた時のサイトタイトルの付け方ということでお伝えしました。

なにかの気付きがあれば、幸いです。

では、また次回の更新まで。ごきげんようです。

タグ

September 21, 2010||トラックバック (0)

カテゴリー:内部対策

サイト更新はgooではなくgoogleに良い

以前より検証しているサイト更新によるSEO効果ですが、モバイルgooでの効果はまだ全然感じていません。

まぁそれはそーですよね?モバイルgooはインデックスも遅ければ、クローラーの巡回頻度もいまいちなので、そうそう結果が見えるものではありません。

メインサイトの更新によるSEO効果も感じなければ、被リンク元のサイトを更新したことによるSEO上のメリットもまだ現れてはおりませせん。

ということで、サイト更新によるモバイルgooへの影響については、引き続き検証していきたいと思っています。

ところで、さっそくといいますか、流石といいますか、googleではサイト更新による効果が早くも出てきました。

今回の検証は、独自ドメインのコンテンツ系のサイト20個と、被リンク用ブログ200個、無料HP200個をそれぞれ4分割にしてマトリックス的に、更新有無による影響を検証しているんですね。

まず、独自ドメインの単発的な更新有無による影響は、正直なところまだ出ておりません。更新していないにも関わらず順位が上がったサイトもあれば、更新したにも関わらず順位が下がってしまったサイトもありました。

もちろん、変動していないものもあります。

しかしながら、被リンク元の無料HPにおいては、更新したグループの順位が、相対的に更新していないグループよりも上がっている傾向があります。

よって検証している数は少ないとはいえ、やはり更新するに越したことはないんじゃないかな、とは感じています。

ちなみに、今回やった更新の内容ですが、30~50文字くらいのテキストを一番したに追加して、リンクをひとつ貼るといった内容です。

例として書くと

『最近ますます暑いですね!こんな暑い夏は、こちらのおすすめの着うたフルを聞いて乗り切ろう!』

こんな感じです。流石に、この更新による被リンクの質、つまりYahooでink:コマンドで確認した時の順位までは確認していませんが、おそらくこれまた更新の遅いYahooの事ですので、特に変化は無いでしょう。

更に付け足すと、更新された無料HPからリンクをもらっているサイト(これらは更新していない)に関しては、5個のうち一個が順位上昇(少し)、残りは変わらず、といった結果ですので、今回やった程度のサイト数ではまだまだ分からないといった状況です。

自分を正当化させていただくと、僕は決してSEOの研究家ではなく、実践的にやっていく中で経験的に『更新すると順位(売上)が少し遅れて上がる事が多いな』といった程度のイメージが持てれば良いと思っています。

定量的に整理された検証データは、見た目はキレイですが、多大な時間を使ってまで整理しても、そのリソース消費に見合っただけの売上高アップは見込めないと考えていますので。

ですので、この携帯SEO公開実験をご覧のみなさまは、「あと少しで検索1ページ目に行きそうだ」とか「順位が落ちたので回復しなくてはいけない」といった時には、新たな被リンク付け7に対して3割位の時間と労力を、サイト更新に使っていただければと思います。

もちろん、キャッシュポイントとなるサイトの更新+被リンク元のサイトの更新ですよ。

では、毎日暑いですが、お互い充実した夏を過ごしていきましょう♪

僕も、涼しい部屋でパソコンに向かってばかりいないで、娘と旅行でも行こうと思っているこの頃です。一緒に行けるうちに・・・

タグ

August 12, 2010||トラックバック (0)

gooに対するサイトの更新頻度の影響調査

今回はSEOのノウハウではなく、gooのアルゴリズム解析としての『サイトの更新頻度』について書いてみたいと思います。

まず『サイトの更新頻度』に関しては、gooに限らず、googleでもYahooでも、その検索アルゴリズムになんらかの形で取り入れている事は過去のテスト結果より、明確です。

強いて僕の経験的なところからお話しすると、googleでは割と更新頻度を重要視しており、Yahooではそれほど重視していない、といった印象です。

ただ、googleにおいても、更新頻度に対する重み付けは、時期に応じてもちろん変わっていますので、ほとんど加味されていないと感じることもありましたが。

いずれにせよ2010年8月現在、googleにおいてはそれなりに更新頻度を重要視しており、Yahooにおいては全く関係ないと感じている訳です。

が、更新と同時にリンク付けをしたりなど、複合的な要素をみると、また事情は異なってきますので、googleなら更新さえすれば上位表示する、といった簡単な戦略はもちろん通用しません。

ということで、このように『サイトの更新頻度』は、『そのサイトの情報の新鮮さや、サイトのアクティブさ』を表す指標として、SEO対策上は意識するべき施策のひとつなんです。

これらを踏まえ、ではモバイルgooにおいては、サイト更新という施策が、どれほど順位変動に影響を与えるのか知っておく必要があると考え、今回のテストをスタートした次第です。

テストにあたり、現在のモバイルgooでの順位が同じ位であり、かつ狙っているキーワードが同じであるサイト、もしくはキーワードの難易度をライバルサイトを見ながら総合的に同じ程度に設定し、2グループに分けました。

そして、一方のグループはこれから二週間ほどかけて、トップページ更新や、ページの追加を行っていきます。

もう一方のグループは、何もせずに放置しておきます。

もしも明確な優位差がでれば、goo対策としても『サイトの更新頻度』は加味されているということで、今後のチェックポイントになりますね。

ここでもし、明確な有意差が出ないときには、更新と合わせて、リンク付けなども行い、少しづつ絞って解析を進めて行きたいと思います。

その際には、こちらの『SEO公開実験ブログ』でもシェアしますので、乞うご期待!ということにして、そろそろ終わりにします。

また、次回の更新まで、ごきげんようです。

タグ

August 4, 2010||トラックバック (0)

カテゴリー:外部対策