PPC

PPCに取り組む本当のメリット

先日ですが、ツイッターで呟いたPPCに関するコメントに対して、思いのほか反響がありました。

そこで、改めてこちらのブログでもじっくりと、SEOを主な集客方法とする携帯アフィリエイターにとってのPPCがもたらす有用性について、解説してみたいと思います。

では今日も一緒に勉強し、どんどん稼ぎ、その売り上げで日本経済を強く回していきましょう。

余談ですが、人間、強い目的意識があると、とんでもない行動ができるそうです。例えば、僕がここまで携帯アフィリエイトを頑張れたのは、家族に対する想いがあったから。

それが今は、少し枠が広がって同じ日本人の為にと、少なからず想えるようになりました。同じように感じている方、これから東北地方での雇用創出のため、水面下で活動していますので、その際には協力下さい。そして、そういった想いがあれば、モチベーションで悩むことも無くなるでしょう。

ということで、前置きはこの位にして、今日のコンテンツ「PPCに取り組む本当のメリット」にいってみます。

まず、PPCに関しては、副業としてはじめてアフィリエイトに取り組んだ人には、そこそこの参入障壁を感じると思います。このことは、多くの方をコンサルしてきた経験上も感じていますし、実際に、あまり稼げていなかった頃の僕も同じでした。

なぜ、最初の段階ではPPCは敬遠されるのか。それは、PPCにおいては、赤字になるリスク(不確実性)が存在するからです。

集客方法をSEOのみに絞った場合、無料HPスペースしか使わなければ、赤字になることはありません。仮に、独自ドメインやレンタルサーバーに投資したとしても、年間数千円の損失が最大です。

一方で、PPCに関しては広告費を投下していく事になるので、上手く運営していかないと、赤字になることは多々あります。

僕の所でも、PPC広告にて、最大で10万円近くを一瞬で失ったことがあります。念のために言うと、その時にPPCに出稿した人物は、僕ではなく、うちのカミさんです。

それはさておき、このような事情がある為に、アフィリエイトをはじめたての副業的なアフィリエイターさんにおいては、SEOやランキング、クルーズブログなどから集客している方は多くても、PPCに投資して集客しているという話しは、あまり聞きません。

かくいう僕自身も、最初はSEOから取り組みましたし、セミナーにおいても、これからアフィリエイトに取り組む人は、まずは検索エンジンからの集客を頑張ってみましょう、と伝えていますので、それが悪いという事ではありません。

では、なぜ今回、PPCの有用性について紹介するのか。

そしてそもそも、SEOのみに特化せず、PPCにも取り組む事のメリットは何なのか、ということについて触れてみます。

PPCをやることによる最終的な目標は、『かけた金額以上の金額を回収する事』

この『金額を回収する』という言葉には、短期的/長期的といった、ふたつの側面が存在します。

短期的には、PPC広告を経由してアクセスを稼ぐことが出来ますので、すぐに売上につながり回収していけるでしょう。以前の記事でも書いたとおり、検索ユーザーのニーズ変動期には、SEOよりも即効性が高いために、SEOにより集客するよりも有利に稼ぐことも可能です。

さらに副産物として、PPC出稿を通して、SEO対策に最適な、俗に言う「お宝キーワード」が発見出来ることも挙げられます。

例えば、ちょっと前に流行したカタツムリクリーム。これは「カタツムリクリーム」でいくべきか「かたつむりクリーム」で行くべきか、ちょっと迷う所だと思います。脱毛器の「イーモ」と「emo」もまた然り。

このような、どのキーワードが最適なのか判断に迷った場合、普段の僕の言い方をすれば「両方やればいいじゃん。」と言うことになるのですが、出来るだけ効率化したいという人や、そもそも作業時間が充分に取れない人もいるかと思います。

であれば、

PPCに出稿して「カタツムリクリーム」で設定した方がコンバージョンが高いな、とか、「イーモ」で設定したほうが、クリック数が多いから、SEO上のライバルの強さは大して変わらないし、サイトタイトルは「イーモ最安値」にしよう、などなど戦術を練れる訳です。

このように、PPCに出稿する事により、短期的には売上を高めることが出来ますし、その副産物として、SEO対策用のキーワード選定にかかる時間を、ショートカットできるというメリットもあります。

ここまで、PPCのメリットを僕なりに解説してきたのですが、最近、うちの社員さんにPPC出稿を任せていて、もうひとつ大きな効果があるという事に、今更ながら気づきました。

それは「キーワード選定とキャッチコピー作成が格段に上手くなる」ということです。

例えば、Yahooのスポンサードモバイルでは、タイトル/説明文ともに12文字以内という制約があります。このような制約の中、如何にライバルとの争いの中で、ユーザーの目を引き、クリック率向上、品質スコア向上を果たせるか、頭を使う訳です。

また、どのようなキーワードを設定するべきか、どのようなキーワードが売上高アップに直結するのかを毎日チェックする事になるので、キーワードの選定能力も高まるんですね。

前者のキャッチコピーの能力向上は、ランキング攻略に取り組むことによって醸成されるスキル。そして後者のキーワード選定スキルは、トライ&エラーで何度もSEOからの集客をすることにより、長い時間をかけて身に付ける能力です。

それが、PPC出稿を通して、これら2つのアフィリエイターとしての必要能力が、割と短期間に磨かれるんです。

僕は、PPCに取り組む最大のメリットは、上述の売上高アップやお宝キーワードの発掘なんかよりも、これらのスキルアップなんじゃないかと思うんです。

少なくとも、僕の会社では、PPC出稿をSEOに取り組む前の社員研修としてルーチン化しています。

PPCに取り組むにあたって、投資した金額以上を回収する事は大切です。

しかし、仮に短期的なスパンでは少し位の金銭的な損失を出してでも、スキルアップによる長期的スパンでの回収を見越せば、取り組むだけの価値が、PPCにはあるんじゃないかと思うんです。(そもそも、適正な管理の下にPPCに取り組んでいけば、1ヶ月もすれば黒字浮上できるでしょう。)

ということで、ここまでの話を一旦まとめます。

PPCに出向することによる期待できる効果

○  売上高アップ
○  SEO対策用のキーワードの最適化
○  キャッチコピーの作成能力向上
○  キーワード選定スキルの向上
○  集客経路の多角化による売上高変動の抑制


こんなところでしょうか。

最後に、PPCに取り組んで大きく稼ぐのなら、モバイルではなく、PC(Yahoo)に取り組む事を提案します。

それは、モバイルとPC、YahooとGoogleをそれぞれ比較した場合、「ライバルの数」「出稿にあたっての制約条件」「検索数」「広告表示部の広さ」を複合的に考えると、最初の取り組みとしては、効率的にメリットを享受できると考えているからです。

この携帯アフィリエイト基礎講座では、いままでSEOに関する記事が多かったですし、読者の方においても、SEOを主な集客経路とする方が多いかと思います。

しかし、PPCにおいてもSEOと同様に、適正なやり方で取り組めば、売上高アップのみならず、SEOにつながるスキルアップも期待できますので、どこかのタイミングで参入することを提案しておきます。

では、また次回の更新まで、ごきげんようです。

タグ

March 31, 2011||トラックバック (0)

カテゴリー:PPC

地震により売上が下がった方の対応方法

皆様の地域では、地震は如何だったでしょうか?

僕の所では、震度6×高層階と言う事もあり、そこそこの物損がありました。ただ、今現在でも、もっと大変な状況であろう東北地方の方には、何と言ったら良いのか分かりません。

ともかく僕は、現状の自分が置かれた環境下、いままで培ったスキルを使って経済活動をし、税金や雇用の面で、少しでも東北地方をはじめとした社会に貢献できるように頑張っている次第です。

こんな時期ですが、日本経済を盛り上げるべく、今日も頑張って勉強していきましょう。

では、さっそく。

『地震後に売上げが大きく下がった(広告停止含む)が、どのように対応したら良いか?』

最近、このようなメールを数人の方から戴きました。

まず事実として、僕の所でも、売上げは大きく下がっています。だいたい、平時の半分くらいでしょうか。

資料請求系などは、ほとんど大きな変動が無い反面、物販の成約は著しく下がっています。しかし一方で、アプリなどのエンタメ系の獲得は増えているといった状況です。

ですので、僕に上述の質問を送ってきた方々は、少なからず物販アフィリエイトに取り組んでいることと思います。

こういった時には、地震に関連した一部の商品を除いて、我々アフィリエイターが取り組んでいるような、いますぐに絶対的に必要ではない商品では、当然、売れ行きは悪くなります。

ドロップシッピングをしている人の中には、原発に関連しての「マスク」や「ヨウ素系の健康食品」、はたまた停電対応としての「自転車」や「ランタン」などをリスティングに出稿し、かなりの金額を稼いでいる人も知っています。

これらは、まさに今すぐに必要な商品ですので、適切な露出をすれば、少しくらいは、値段が高くても売れる、という訳です。

一方でASPにあるような商品って、そこまで必要性が高いでしょうか?

例えば、やずやの香酢。

いまなら、将来的な健康につながる「香酢」よりは、目先の危険を回避できる「ヨウ素」が欲しいですよね?

他にも、レッグマジックよりは自転車が欲しい、という人が大多数だと思います。

このように、そもそも商品の持つ特徴として、一部の商品を除くと、SEOによるサイトアフィリをしている人にとっては、厳しい時期であることは否めません。

また、僕にメールを送ってくるような(僕と考え方が少なからず似ている、もしくは影響を受けている)人は、集客キーワードに商品名を入れてアフィリエイトしている方が多いんですね。

例えば『プロアクティブ最安値』『最新イーモはこちら』などといった具合です。

このようなやり方では、広告主側がCMを控えるようになると、その商品名関連での検索ボリュームが低下するために、売上高の減少につながるんです。

そして、この所のテレビCMが、ACの啓蒙系ばかりなのを見れば一目瞭然。間違っても、「プロアクティブで検索!」なんてCMは流れていませんよね?

ですので、このように商品名を集客キーワードとしてSEOによるサイトアフィリを行う場合、広告主側がマーケティングを停止してしまうと悲惨な状態になるのです。

つまり、我々は、検索エンジンのご機嫌だけでなく、広告主の状況にも依存しているという事実が、改めて浮き彫りになった訳ですが、理由が分かれば対策は練れますよね。

ちなみに、こういった時には、僕が普段言うところの「ジャンル系」の集客キーワードに設定してあるサイトは強いです。

念のため書くと、ジャンル系キーワードと言うのは、「コスメ口コミ」とか「脱毛クリームNavi」とか、そんなイメージです。

ともかく、

『冷え込んだ消費者心理と、広告主側のマーケティング自粛』

この2つの要因が重なって、商品名を集客キーワードとして取り組んでいる物販アフィリエイターにとっては厳しい状況になっていると思われます。

僕にメールをくれた方においては、「売上げが下がっているのは、あなただけでは無いので、あなたのやり方に問題がある訳ではないですよ」と、まずは伝えておきます。

そして次に、今後の対応に関して。

まず、上記に書いた通りの状態ですので、ひとつの提案としては、特に手法を変える事無く事態の推移を見守り、今までの手法を繰り返していくことです。

少しづつかもしれませんが、消費者心理も回復し、広告主も雑誌やTVへの露出を再開していくようになるでしょう。

また、良い機会だと思いますので、仮に物販からの成約がゼロになったとしても数ヶ月間は耐えられるくらいの収益を、その他のジャンルで確保できるレベルまで高める事を、スタートしても良いと思います。

特に、物販アフィリエイトで、30万円以上を稼いでいるのであれば、リスクを分散するという点においても、Goodです。

更に、もうひとつ僕が提案したいのは、やはりPPCをやることを挙げておきます。

こういった、ユーザーのニーズが流動的に変わる時には、SEOだけで集客していては、対応しきれないんです。

仮に今から、ヨウ素系の健康食品や、ランタンなどを仕込んだとしても、検索エンジンで上位表示した頃には、既にニーズは一巡しています。それでは大きく稼ぐ事は難しいんです。

その点、リスティングであれば、こういったニーズの変動期にタイムリーに適応できます。

僕の会社でも、当面は、リスティングにリソースを割り充てるように指示しましたし、SEOのための記事作成を外注化している人などは、それをPPC用の広告費に充てるのは、悪くない選択だと思いますよ。

では、長くなりましたので、今日書いてきた事をまとめます。

まず、売上げが下がっているのは、消費ムード減衰と、広告主の広告見合わせが主な要因。

そして、今後の対応策としては以下の3つ。

○静観し今までの手法を繰り返す
○別のジャンルに取り組む
○集客方法をSEOからPPCに変え、扱う商品をニーズにあわせる


以上になります。まだまだ伝えたい事はありますが、それはまたの機会に。

皆さんにおいても、大変な状況が続いているかと思いますが、お互いに、自分の置かれている環境下で、出来ることにひた向きに取り組んで行きたいですね。

では、また次回の更新まで。ご機嫌ようです。

タグ

March 23, 2011|

カテゴリー:PPC, 携帯アフィリエイト, 管理人の雑談