LPO対策のタイミング

LPO対策のタイミング

今日は、サイト作成ツールに『シリウス』を使っている人に、ちょっと紹介したい商材があったのでこちらで紹介します。(賢威にも使えるようです。)

こちら↓
スタイルシートテンプレートの素材

テンプレートを調整することによって、人とは違う表現ができる素材で、サイトの成約率を高める為に使えました。

サイトの成約率を高める段階とは?

上記の商材ですが、サイトの見た目を改善したり、バナーのクリック率の向上をしたり、ようはLPOと呼ばれる作業の時に活用できるかと思います。

僕がサイト作成で意識している作業ステップは、

  1. 広告選定
  2. キーワード選定
  3. サイト作成
  4. 集客
  5. LPO


という流れになります。集客が出来てきて、1日に10アクセス以上は獲得できるようになったら、成約率の向上の為に、LPOを進めています。

以前の僕の教材で書かれていたサイト、あのサイトもこの1年で、

  • 2カラムから1カラムへ
  • 商品単体の紹介ではなく似たような商品との比較コンテンツも
  • 楽天で通販する時との比較
  • 動画の取り入れ


などなど、色々なLPOを施したことにより、成約率は5倍以上になりました。(購入者の方は時々見て頂くと勉強になるかと。)


SEOにばかり意識すると、サイトの成約率改善を忘れてしまい、ついつい順位ばかりに目が行ってしまいます。


もちろん、それはそれで決して悪い事ではありません。でも、最近のGoogleの状況を見ていると、正直、


アクセスを倍にするより、成約率を倍にする方が簡単


だと実感しています。もちろん、SEOのための作業も必要です。でも、ある程度サイトにアクセスが増えてきたら、その集客できているキーワードで来たユーザーを意識し、成約率を高められないか、検討してみましょう。


他にも、ランキング形式で5つの商品を紹介していたサイト。そんなランキングサイトを3個の商品の比較サイトに変更したら、売れ行きが倍になった、なんてことも普通にありますので。

選択肢が多すぎて、迷わせてしまっていたんでしょうね。

ということで、今日は『アクセスが増えてきたら、成約率の向上を目指しましょう。』ということでお伝えしました。

また次回の更新まで、ごきげんようです。

July 13, 2012|

カテゴリー:サイト作成方法