携帯アフィリエイト

地震により売上が下がった方の対応方法

皆様の地域では、地震は如何だったでしょうか?

僕の所では、震度6×高層階と言う事もあり、そこそこの物損がありました。ただ、今現在でも、もっと大変な状況であろう東北地方の方には、何と言ったら良いのか分かりません。

ともかく僕は、現状の自分が置かれた環境下、いままで培ったスキルを使って経済活動をし、税金や雇用の面で、少しでも東北地方をはじめとした社会に貢献できるように頑張っている次第です。

こんな時期ですが、日本経済を盛り上げるべく、今日も頑張って勉強していきましょう。

では、さっそく。

『地震後に売上げが大きく下がった(広告停止含む)が、どのように対応したら良いか?』

最近、このようなメールを数人の方から戴きました。

まず事実として、僕の所でも、売上げは大きく下がっています。だいたい、平時の半分くらいでしょうか。

資料請求系などは、ほとんど大きな変動が無い反面、物販の成約は著しく下がっています。しかし一方で、アプリなどのエンタメ系の獲得は増えているといった状況です。

ですので、僕に上述の質問を送ってきた方々は、少なからず物販アフィリエイトに取り組んでいることと思います。

こういった時には、地震に関連した一部の商品を除いて、我々アフィリエイターが取り組んでいるような、いますぐに絶対的に必要ではない商品では、当然、売れ行きは悪くなります。

ドロップシッピングをしている人の中には、原発に関連しての「マスク」や「ヨウ素系の健康食品」、はたまた停電対応としての「自転車」や「ランタン」などをリスティングに出稿し、かなりの金額を稼いでいる人も知っています。

これらは、まさに今すぐに必要な商品ですので、適切な露出をすれば、少しくらいは、値段が高くても売れる、という訳です。

一方でASPにあるような商品って、そこまで必要性が高いでしょうか?

例えば、やずやの香酢。

いまなら、将来的な健康につながる「香酢」よりは、目先の危険を回避できる「ヨウ素」が欲しいですよね?

他にも、レッグマジックよりは自転車が欲しい、という人が大多数だと思います。

このように、そもそも商品の持つ特徴として、一部の商品を除くと、SEOによるサイトアフィリをしている人にとっては、厳しい時期であることは否めません。

また、僕にメールを送ってくるような(僕と考え方が少なからず似ている、もしくは影響を受けている)人は、集客キーワードに商品名を入れてアフィリエイトしている方が多いんですね。

例えば『プロアクティブ最安値』『最新イーモはこちら』などといった具合です。

このようなやり方では、広告主側がCMを控えるようになると、その商品名関連での検索ボリュームが低下するために、売上高の減少につながるんです。

そして、この所のテレビCMが、ACの啓蒙系ばかりなのを見れば一目瞭然。間違っても、「プロアクティブで検索!」なんてCMは流れていませんよね?

ですので、このように商品名を集客キーワードとしてSEOによるサイトアフィリを行う場合、広告主側がマーケティングを停止してしまうと悲惨な状態になるのです。

つまり、我々は、検索エンジンのご機嫌だけでなく、広告主の状況にも依存しているという事実が、改めて浮き彫りになった訳ですが、理由が分かれば対策は練れますよね。

ちなみに、こういった時には、僕が普段言うところの「ジャンル系」の集客キーワードに設定してあるサイトは強いです。

念のため書くと、ジャンル系キーワードと言うのは、「コスメ口コミ」とか「脱毛クリームNavi」とか、そんなイメージです。

ともかく、

『冷え込んだ消費者心理と、広告主側のマーケティング自粛』

この2つの要因が重なって、商品名を集客キーワードとして取り組んでいる物販アフィリエイターにとっては厳しい状況になっていると思われます。

僕にメールをくれた方においては、「売上げが下がっているのは、あなただけでは無いので、あなたのやり方に問題がある訳ではないですよ」と、まずは伝えておきます。

そして次に、今後の対応に関して。

まず、上記に書いた通りの状態ですので、ひとつの提案としては、特に手法を変える事無く事態の推移を見守り、今までの手法を繰り返していくことです。

少しづつかもしれませんが、消費者心理も回復し、広告主も雑誌やTVへの露出を再開していくようになるでしょう。

また、良い機会だと思いますので、仮に物販からの成約がゼロになったとしても数ヶ月間は耐えられるくらいの収益を、その他のジャンルで確保できるレベルまで高める事を、スタートしても良いと思います。

特に、物販アフィリエイトで、30万円以上を稼いでいるのであれば、リスクを分散するという点においても、Goodです。

更に、もうひとつ僕が提案したいのは、やはりPPCをやることを挙げておきます。

こういった、ユーザーのニーズが流動的に変わる時には、SEOだけで集客していては、対応しきれないんです。

仮に今から、ヨウ素系の健康食品や、ランタンなどを仕込んだとしても、検索エンジンで上位表示した頃には、既にニーズは一巡しています。それでは大きく稼ぐ事は難しいんです。

その点、リスティングであれば、こういったニーズの変動期にタイムリーに適応できます。

僕の会社でも、当面は、リスティングにリソースを割り充てるように指示しましたし、SEOのための記事作成を外注化している人などは、それをPPC用の広告費に充てるのは、悪くない選択だと思いますよ。

では、長くなりましたので、今日書いてきた事をまとめます。

まず、売上げが下がっているのは、消費ムード減衰と、広告主の広告見合わせが主な要因。

そして、今後の対応策としては以下の3つ。

○静観し今までの手法を繰り返す
○別のジャンルに取り組む
○集客方法をSEOからPPCに変え、扱う商品をニーズにあわせる


以上になります。まだまだ伝えたい事はありますが、それはまたの機会に。

皆さんにおいても、大変な状況が続いているかと思いますが、お互いに、自分の置かれている環境下で、出来ることにひた向きに取り組んで行きたいですね。

では、また次回の更新まで。ご機嫌ようです。

タグ

March 23, 2011|

カテゴリー:PPC, 携帯アフィリエイト, 管理人の雑談

まずはアフィリエイトする商品を試す

推定購読時間5分

今日は『アフィリエイト広告選定にあたって、まずは商品を試してみよう!』という事で、携帯アフィリエイトで稼ぐために必要不可欠なポイントについてお伝えします。

『携帯アフィリエイトで稼ぐために大切なノウハウ』と書きましたが、これは、携帯端末向けのアフィリエイトに限りません。

PC端末向けでも、スマートフォン端末向けでも大切ですし、更に言うと、どのジャンル、どんな集客経路においても、アフィリエイトというビジネスをするのなら、欠かすことが出来ない位、大切なポイントです。

大事なノウハウですので、ぜひ今日のノウハウも何度も繰り返し読んで下さいね。では、今日の講座にいってみましょう。

みなさんは、広告の選定において、どのような基準で、アフィリエイト広告を決定していますか?

例えば、ASPのオススメ情報からピックアップするとか、TVやラジオ、電車のつり革などからキーワードを拾ってきて、それに基づいて広告を決めるなどは一般的ですよね。

そして、集客キーワードの選定にあたっては、以前に4回に分けて掲載した『キーワード選定講座』に記載しましたが、ここでもう一度、簡単に復習すると、

○キーワードを見つける。
○そのキーワードの認知度をツイッターやYahooのPPCで確認する。
○そのキーワード+αとなる複合ワードを教えてGooやMixiで探す。

といったステップでしたよね。ここまで良いですか?

一方で、その集客キーワードと対になる広告に関しては、何度かお伝えしたように、携帯電話を使って、その広告のランディングページを確認するということになります。

そして、ここからが今日の肝となるポイントなのですが、それこそが今日のブログタイトルでもある『その商品やサービスを自分で実際に使ってみる』ということになります。

例えば、

資料請求系案件であれば、一回、資料を請求してみる。
エンタメ系なら、そのエンタメサイトに会員登録して、自分で遊ぶ。
物販系なら、その商品を自分で購入して使う。

といった作業が大切なんですね。

実際に僕も、数多くのエンタメ系の会員登録をして、自分で遊んでみましたし、過去には「占いカマセ系」の占いをしてしまい、迷惑メールにかなりの期間悩まされたこともあります。

他にも、自分の引越しの時には、引越し会社の比較サービスを、あえて携帯電話から使った事もあれば、一通りの化粧品だって自分で使ってきました。

ちなみに、僕の肌にはライスフォースが良く合いました。しっとりするんですねw

そーいえば、数年前の全然稼げていない時期に、アテニア化粧品を使っていた時には、『あいつもとうとうおかしくなったか』なんて言われたものです。

でも実は、こういった自分で自分のアフィリエイトするサービスを使ってみる、という行為は非常に大切な行為だったんですね。

こういった作業により、キーワードアドバイス系のツールでは、見つけられないような『真のキーワード』を意図せず見つけた事もありますし、なにより、そのサービスを必要とする人が、どんなキャッチコピーを使えば響くのが分かるようになります。

自分の言葉でリアルな口コミも書けますしね。

例えば、クルーズブログで若い子がやっていると思われるサイトを見てみてください。

あのようなスタイルは、ある種の『アフィリエイトの理想』なんですね。自分の使っている化粧品などを純粋にレビューして口コミ的に広告を貼っているんですから。

あれも体験談に基づいているからこそ、ユーザーにも受け入れられ易いですし、検索エンジン対策を考えた時にも、実は絶妙なロングテールワードが入っていたりして有利になることもあるんです。

今日から自分のアフィリエイトしている広告全てを使ってみましょう!なんて言いません。

でもせめて、売上げの高い、稼げている案件があるんだとしたら、一回くらい試してみても良いと思いますよ。

自然とコンバージョンが上がるような、理想的なLPO対策ができること請け合いです。

もちろん、このような形で購入した商品であれば、経費として落とせる可能性が高いです。(結局は税務署の判断次第で一部は否認される可能性もゼロではないらしいですが)

ということで、今日は、『アフィリエイト広告選定にあたって、まずは商品を試してみよう!』という事をお伝えしました。

では、また次回の更新まで。ごきげんようです。


PS

最近、ますます本業が忙しく、一方で副業として取り組んでいるキメラワークスでの活動もますます拡大し、記事をじっくりと書く為の時間が減ってきています。

そのような事情がありますので、今後は、こちらの基礎講座の更新は月に2回程度を目安に行っていこうと考えています。

皆様の貴重な時間を割いていただいていますので、中身の薄い記事を何度もアップするよりも、低頻度であっても充実したコンテンツを作るべきだと考えているからです。

また同時に、今後は、『SEOで集客して携帯アフィリエイトで稼ぐ』というスタンスではなく『色々な集客方法にてアフィリエイト活動をして稼ぐ』、というスタンスに舵を切って行こうと考えています。

もともと僕は、数年間にわたり携帯アフィリエイターとして、携帯端末向けにアフィリエイトをしてきました。

そして、その中で培ったノウハウを、自分の情報整理という目的も含めてこちらで公開してきました。

しかし、これらのアフィリエイトのやり方は、なにも携帯端末だけに限定されるものでは無い訳ですし、実際に12月に入り、キメラワークスの収益においては、携帯アフィリエイトよりも、PCアフィリエイトの報酬の方が、上回る事が決定的になりました。

よって今後は、「良い商品や有益なサービスを、それを必要とするユーザーに口コミする」というビジネスモデルであるアフィリエイト。

そのアフィリエイトを『携帯/スマートフォン/PC』といったデバイスの違いで垣根を作る事なく、また、SEO/PPC/メルマガ/ブログ、といった集客経路の違いに分類することなく、総合的にお伝えしていこうと考えています。

なかには、まだまだ僕自身が検証段階のノウハウもありますので、双方向での情報交換を含めて、お付き合いいただければ幸いです。

と言うことで、異常に長い「PS」になりましたが、今後ともお付き合いいただければ嬉しい限り。

では、引き続き一緒に成長していきましょうね^^

タグ

成果が出るまでに必要な期間

推定購読時間4分

今日は『携帯アフィリエイトで成果が出るまでに必要な期間』ということで、携帯アフィリエイトでなかなか稼ぐ事が出来ずに、いつになったら成果が伴ってくるのか悩んでいる方に向けて、情報発信してみたいと思います。

今回の記事を通してお伝えしたい内容は、2つあります。

一つ目は『時間の無い方でも、携帯アフィリエイトで稼ぐ事はできる』という点。

例えば、サラリーマンをやりながらでも、子育ての合間でも、継続して努力して行けば、携帯アフィリエイトというビジネスによって、普通に生活するだけの充分な収益を稼ぐ事が出来るという可能性ですね。

もうひとつは『収入の伸びは、2次曲線的に伸びる』という点。

つまり、正しいノウハウを持ち、継続して作業していけば、一気に収入が伸びるポイントが必ず来る、という観点です。

『忙しくても出来る、でも充分に稼ぐまでは半年以上の作業が必要』

これから携帯アフィリエイトを開始する人には、これら2点を感じて頂ければと思います。

では、上記をお伝えするために、僕が携帯アフィリエイトで稼げるようになるまでに掛かった時間と、周りの知人が稼げるようになったまでの時間を、紹介していきます。

何かの気づきになれば幸いです。

では、まず最初に、僕の収入曲線から。

僕の場合は、会社員の傍らで、携帯アフィリエイトを開始したのが2007年3月末。

会社が終わってから、だいたい夜の10時から深夜の2時まで来る日も来る日も作業をしていました。この辺りの作業については、こちらの『会社設立物語』でも書いた通りです。

そして、1年ほど経って、ようやく楽天アフィリエイトで120ポイントを稼げるようになったんですね。

今、改めて振り返ってみると、たったの120ポイント稼ぐのに、なぜそれ程までに時間が掛かったのかは不思議でなりませんが、それが事実。

その後、あまりに稼げない状況から、一度、携帯アフィリエイトで稼ぐ事を諦めてしまった程です。

紆余曲折あったものの約一年後に携帯アフィリエイト業界に復帰。カミさんの支えの中、継続して努力した結果、2009年の5月には月収5万円くらいを稼げるようになりました。

つまり、月収5万円を超えるのに、トータルで掛かった年月は、約2年ということになります。

ここからが興味深いポイントなのですが、5万円を稼げるようになってからというもの、月収ベースで100万円を超えるまでに必要だった期間は、たったの5ヵ月間でした。

月収5万円を超えるのに、2年も要したので、月収100万円を超えるのには、40年近くかかるかと言えば、そんな事は全くありません。あるポイントまで行けば、一気に収益は爆発するんです。

アフィリエイトというビジネスを開始してから、3年半。

今では、未だに副業という位置づけでありながら、携帯/PC両端末向けのアフィリエイトにおいて月間収益は300万円を超えるまでになりました。

ここまで僕の経緯を書いてきたのですが、この事例を通してお伝えしたい事実は最初に書いた通り2つ。

一つ目は、5万円を稼げるようになってから、収益が一気に拡大したという点。

これは、毎月7桁以上稼ぐ、多くの知人も言っているので多くの方が辿る道なのかな、と思います。

人によって、ブレイクポイントが3万円だったり10万円だったりする訳ですが、振り返ってみると、どこかで一気に来ています。

例えば会社員の収入は、年を追うごとに少しづつアップしていきますよね。もっとも最近では年を追う毎に下がって行く事もめずらしくありませんが。

僕も携帯アフィリエイトを始めた当初は、毎月5万円づつとか、コンスタントに比例的に収益は拡大していくと思っていたのですが、全然違いました。

ですので、例えば1年間、毎日夜遅くまで頑張っているのにも関わらず、収益が1万円とか2万円とか、そういった状況が続いても諦めないで欲しいんです。

本当にあと少しの所で、一気に売上げが爆発するかもしれないのに、その爆発の直前で辞めてしまっている方が多いと感じています。

このような現象は、サイト数が増えた事でSEOの効果が大きくなるといった理由や、継続している事により、キーワードの選定がうまくなって来たことなど、複合的な要因があるかと思います。

ただ一点、感じておいて欲しいのは、携帯アフィリエイトの収益は、一気にブレイクする瞬間が来るということです。

1年近く努力している人、でもまだ充分な成果が出ずに悩んでいる人であっても、そのまま目標に向かって継続してもらえたらなーと思います。

もちろん「継続する」と言っても、正しいノウハウに基づいた努力をしていかないと、いつまで経っても成果に繋がりません。

こちらの「携帯アフィリエイト基礎講座」を繰り返し読み、王道的なノウハウに基づいて努力を続けてください。

そしてもうひとつ注目して欲しい事実。それは『携帯アフィリエイトは、たったの3年半の努力で、毎月300万円も稼げるようになる可能性があるビジネスモデルである』と言う事です。

実際のところは、外注費や法人税、所得税などの税金、セミナー代やドメイン代などもあるので、手元に入ってくるのは半分の150万円位には減ってしまいます。

それでも、時間的なリスク以外は全くのノーリスクで副業として取り組めるビジネス。そこに、これだけの可能性があるというのは、魅力的ですよね。

この記事を読んだ今日から、携帯アフィリエイトに取り組む人であっても、例え副業としてであっても、3年半コツコツと取り組めば、これくらいの可能性があるビジネスなんです。

しかし、こういった事を書くと、参入時期が良かったとか、スマートフォンが増えている中、携帯アフィリエイトなんてもう終わりだろ、と感じる方もいるかもしれません。

しかし僕は、携帯アフィリエイトで培ったノウハウのみで、PCアフィリエイトでも毎月150万円以上稼いでいますし、地元企業のWebマーケティングのお手伝いも出来ています。

王道的なノウハウを元に取り組む、携帯端末向けアフィリエイトであれば、スマートフォン向けも、PC向けでも、ちょっと構成を変えれば、いつでも対応できるんです。

携帯アフィリエイトに本気で取り組んでいない外野からのノイズに過敏に意識することなく、まずは取り組むことから全ての可能性が生まれると思っていただければと思います。

また、僕以外の事例として、例えば、僕のクライアントさん達でも、最初の数ヶ月は、数万円の稼ぎだったのが、半年程度経過してから、数十万円規模へと発展した方は沢山います。

ですので、適切な作業時間と正しいノウハウをもとに携帯アフィリエイトに取り組んだとしても、充分な成果が出るまでには、半年~1年近くは掛かるとマインドセットしましょう。

決して、『すぐに』『簡単に』稼げるビジネスではありません。

とくに最初のうちは、あまり結果を求めずに楽しみながら携帯アフィリエイトに取り組むことがポイントなんじゃないかな、と思っています。

では、今日の基礎講座はこれ位で。また次回の更新まで。ご機嫌様です。

November 30, 2010||トラックバック (0)

カテゴリー:携帯アフィリエイト